交通機関が備わった街が最適|不動産物件を選ぶコツ

  1. ホーム
  2. 都心へアクセス良好エリア

都心へアクセス良好エリア

模型

生活利便性が高い

藤沢市は、湘南エリアにある町で江ノ島が特に観光スポットとして有名です。そして海が近く、湘南のビーチは、毎年海水浴はヨットやサーフィンなどのマリンスポーツで多くの方が観光で訪れています。藤沢に住む場合ですが、まず利便性がいいのが都心へのアクセスです。藤沢駅には、東海道本線、湘南新宿ライン、小田急江ノ島線、江ノ電が通っています。東海道線を利用すれば、横浜・東京方面まで、湘南新宿ラインは渋谷・新宿・池袋までいずれも乗り換え無しで行くことができるので非常に便利です。藤沢で不動産を探すのなら、住環境はどうなっているのか気になるところです。特に多くの人が暮らしているのが、西側に位置している湘南ライフタンです。道路や公園、病院、公共施設なども充実しており子育て世代にとっては住みやすいエリアです。買い物事情についてですが、駅周辺は巨大な繁華街となっています。百貨店や電器店、など生活に必要な買い物はほぼ駅前ですることができ、金融機関や飲食店も駅周辺に集中しています。不動産を賃貸する場合ですが、藤沢駅周辺だと1Rで5.6万円、1Kで6万円、1LDKで10万円程度が相場となっています。不動産の賃貸相場ですが、他の隣接する湘南エリアの駅周辺と比較すると安めの傾向にあります。不動産を新築一戸建てで購入する場合ですが、湘南のイメージである海エリアとその反対の山側のエリアを比較すると、倍以上に価格が異なってきます。近年では山側である駅の北側エリアで分譲のマンションや一戸建ての開発がされています。