説明書の翻訳なども対応可能!翻訳会社を利用するメリットを紹介

最新記事一覧

選ぶときのポイントとは

ABC

精通度とコストがポイント

近年は英語圏以外の国と取引をする会社も増えてきています。そういったニーズに応える形で多言語翻訳を行う翻訳代行会社も増えてきています。多言語翻訳会社を選ぶときは、使用する場面の重要度に応じて会社を選び分けるのがおすすめです。多言語翻訳と一口にいっても、その質やコストはピンキリです。コストが高い会社が質がよいとは限りませんが、質が高く確実な翻訳を行う会社は往々にして高コストです。なぜならば、誤訳をしていないかや、元の文章のニュアンスをしっかりと汲んでいるかを何度も精査して確実な翻訳をしてくれるためです。契約書などの重要な書類に関してはこうした質の高い多言語翻訳会社を選ぶべきでしょう。ただ、日常的なeメールのやりとりといった、簡易な文書を翻訳してほしいということであれば、ここまで質の高い会社である必要はないでしょう。コストを優先して選んでもそこまでビジネスへの影響はないためです。このような場合は高品質をうたう会社ではなく、スピーディーさと低コストをうたう会社を選択しても問題ないといえます。また、言語の種類だけでなく、業種や文書の種類に精通しているかも確認しておくべきでしょう。マイナー言語だと扱っている翻訳会社も少ないため、必然的に選択肢も限られてきますが、その中でもいくつかの選択肢はあるはずです。法律文書や医療、経済など分野により必要な知識は変わってきます。なるべくその業種や文書の種類に精通した翻訳会社を選ぶことで、誤訳やわかりにくい言い回しになることを防ぐことができます。