説明書の翻訳なども対応可能!翻訳会社を利用するメリットを紹介

最新記事一覧

翻訳の品質と料金形態

男性

価格に差が出る条件

翻訳会社に作業を依頼する際には、翻訳サービスの仕組みを理解しておくことが必要です。翻訳会社は特定の専門分野や翻訳の難易度によって翻訳者を割り当て、分量により正確な料金を算出します。また、納期も重要なポイントで、納期が短いケースでは必然的に料金もアップすることが一般的です。さらに、翻訳会社は翻訳する文章の質でも料金を変化させるケースが見受けられます。特に、社内で活用する情報等は正確性を問われない内容のものも多くなります。しかし、翻訳する文章量が多いことで非常に大きなコストを要するものとなるのです。このような事態を回避するために、翻訳会社では品質別に翻訳料金を区別しているケースが見られます。特に、下書き程度の品質の場合にはコストを抑えて翻訳を依頼することが可能で、これに加え複数の翻訳者のチェックが入ることで料金が高くなるケースが一般的です。また、業務経歴の浅い人材や翻訳言語を母国語としない翻訳者が担当することでも単価は下がり、重要な文書ではないケースで多く活用されているのです。この種の翻訳は正確性よりも納期が重要になるケースがあるので、複数の翻訳者に作業を依頼するケースも目立ちます。そして、大手の翻訳会社によっては多言語へ対応しているケースも多く見受けられます。英語等のメジャーな言語への翻訳は安価になることが一般的です。しかし、翻訳者の少ない言語の場合は単価が大幅に上昇することもあるため、言語によるコストの違いを把握しておくことも大切です。